リラックスフォームのソファ「コロンバス」。新素材LEATHER TEX(レザーテックス)はすごい!

すごいソファ見つけたよぉ!と当店バイヤーが興奮気味にやってきた。
「リラックスフォームからまったく新しい素材のソファが出た!」とバイヤー。
「これ、レザーでしょ?」
「それが違うんだよね」とバイヤーは自慢げに言い放った。「LEATHER TEX(レザーテックス)!」。

リラックスフォームのレザーテックスとは?

日本最大と言われる家具メーカー関家具の登録商標であるレザーテックス。
その見た目はほぼレザー。
レザーに似た素材といえばPUやPVCなどがあります。
レザーと比較すると価格が安い為、人気の素材です。
ただし、PUやPVCの場合、数年使うと剥離が始まってくるという欠点もあります。末永くお使いいただくという素材では残念ながらありません。

レザーテックスの素材強度

レザーテックスは、JISによる摩擦試験、耐光試験、引烈強さ試験、引張強さ試験、はっ水度試験において驚異的な成績をおさめたRERAXFORM(リラックスフォーム)の新生地とのことです。
さらに7年間の使用を想定した水ジャングル試験で、剥離が認めらなかったというお墨付きの強度。
水ジャングル試験とは、室温70°C、湿度95%以上という過酷な環境での試験です。
リラックスフォームのレザーテックス

レザーテックスの魅力はその価格の安さ

また、レザーと比較すると価格が安いという最大の魅力もあります。
見た目がほぼレザーで価格が安いというのはとてもありがたいことです。
しかも安心して末永く使っていただける強度があるとなるとなおさらではないでしょうか?
レザーテックスはレザーに比べて価格が安い

そもそもレザーテックスって何?

「そもそもレザーテックスって何?」メーカーの説明を聞いてきた当店バイヤーに尋ねた。
「ファブリック!」
「・・・」
最初は冗談を言っているのだと思った。冗談にしてはあまりにも陳腐だとも。
ところが冗談ではなく本当にファブリック、布らしい。
どこをどうさわっても布である感触は感じられず、本革レザーのそれにしか思えない。
正確には布というよりもフリース。それでも驚き。
優れたフリース素材に新開発された特殊な技術で繰り返し色をのせ、ナチュラル革のような表情と柔らかい感触を実現したリラックスフォームの新しい張地とのことです。
しかも、革の生産過程で使用する重金属などもなく環境にも優しい素材。
リラックスフォームの新素材

フリース素材のメリット

フリースは防寒用服の素材でも知られている丈夫で温かい素材。
寒い冬にレザーソファに座った時のあのヒヤリとした感じをやわらげてくれる。
また、お風呂上りなどの汗ばんだ身体のまま座ってもべとつき感が軽減されるということ。
こうなってくると本革レザーよりも良いんじゃないかと思えてくる。
フリースから作るレザーテックス

レザーテックスソファ「コロンバス」についてのお問合せ

お問合せはお気軽にどうぞ。2営業日以内に返信させていただきます。

関連商品

  1. 銘木一枚板テーブル。自然がデザインした暮らしにぬくもりを届ける逸品

    原木をカットすることで出来上がる一枚板。 自然が作り出した芸術の世界を、ご家庭のテーブルとしてお使いいただくことによって、暮らしに温もりと安らぎが加わります。 一つひとつに個性があり、同じものがふたつとないそのご家庭だけのオリジナルテーブル。

  2. カッコイイ家具を安く買うならAnthem(アンセム)シリーズで決まり!

    どことなく懐かしさと新しさを兼ね備える絶妙なバランス…。それらが生みだす空気感に包み込まれ、落ち着きや幸せを感じる時間へと導きます。美しさと喜びあふれる日々を. anthem…賛美、楽しさ。

  3. 2016年度 新作ランドセル 8月末までの早期割引 さらに・・・!!

    なりたい自分をつくる明日へ。 どんな明日をつくっていくか。毎日はその繰り返しです。 ランドセルには、こどもたちの未来をつくる道具がたくさんつまっています。 毎日、毎日、そして6年間。こどもたちが積み重ねていく明日が、自分だけの感性へと変わる姿をランドセルは見ているのです。

  4. ベッドフレーム センベラ クルーセ ウッドスプリング(ナチュラル/ブラウン)

    「健康・快適を自然とともに考える」というキャッチフレーズの眠りの一流ブランド、センベラです。ヘッドボードにもたれかかって、読書などができるように、その角度は計算され作られています。

  5. キッチンまるごとフレンチカントリー。食器棚・ダイニングセットなどのご紹介!

    フレンチカントリーなダイニング家具インテリアを集めてみました。女性は毎日過ごすダイニングキッチン。自分好みの落ち着く空間にしていきたいですね。エレガントでありながら快適さを合わせ持つこのインテリアデザインに心惹かれる人は多い。

  6. 自立式ポータブルハンモック ゆらり sff-02

    最近増えてきた自立式のハンモック。木などに吊るさなくてもいいので、室内やベランダでハンモックを愛用する方も増えてきました。こちらは室内の家具や、グリーンと気持ちよくなじみ、インテリアの顔となること間違いなしです。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。