ブログ

Choice(チョイス)はベビーから大人まで使えるハイチェア

ハイチェア チョイス

ハイチェア チョイス
「逆転の発想」とは良く耳にする。それが実際に製品になると人に優しい素敵なハイチェアが出来上がった。
ハイチェアと呼んでいいのか疑問が残るけど、使い方自由自在とはまさにこのこと。

製品コンセプトは大人からベビー

赤ちゃん用のハイチェアは、「赤ちゃんから大人まで」使えるという製品がほとんど。
このハイチェアChoice(チョイス)は、「大人が使うイス」というのを前提に設計され、デザイン、耐久性を兼ね備えた安心で利便性のある製品です。
以下メーカー(ターミナル)のホームページより。

一般に普及しているキッズ用ハイチェアはベビーから大人まで長く使い続けることができます。しかしながらその多くはベビーを基準に製作されているため、大人が使用する上でデザイン性や機能性、耐久性に無理が生じてしまうことがありました。子どもの頃から長く愛着を持って使い続けること・・・これはHOPPL が掲げる商品開発のコンセプトの根幹です。人生は大人になってからの方が長く、また大人になるほどに子どもの頃が懐かしく感じられます。そのため、チョイスは大人が座ることを前提に設計し、大人が座っても遜色のないデザイン性、十分な耐久性を兼ね備えました。従来なら大人が座るためにベビー用ハイチェアを買うことはありませんが、チョイスなら大人が使うプライベートチェアやダイニングチェアとして使用し、かわいいお子様が生まれたなら、ベビーガードセットをプラスしてベビー用ハイチェア、大きくなれば、スモールシートをフットレストに変えてキッズ用チェアとして使うことができます。また、ずっと使い続けるには生活における利便性も重要です。チョイスはダイニングチェアとして使っていても重ねることで掃除がしやすくなり、また移動もラクです。あなたの人生の”選択”にはいつもチョイスがあることを願っています。

発想の逆転ハイチェア

ハイチェアチョイスの使用例

チョイス使用例

チョイスディテール

チョイスハイチェアDetail
チョイスハイチェアスタッキング
チョイスハイチェアスタイル変更

チョイスハイチェア一覧

Choice Chairを基準にして、オプションを追加するとChoice Kids、さらにオプション追加でChoice Babyとなります。
Choice Babyから基準にしますとオプション品を取り外していけば大人まで使えるイスに。
チョイスハイチェア一覧

大人が座る椅子をベースに設計

ベビーチェアから設計ではなく、大人が座るイスをベースに規格設計をしていますので、デザイン性、耐久性、利便性に優れたハイチェアです。
ハイチェア耐久性

オプション購入について

オプションのご購入につきましてはお手数ですがフォームよりお問合せください。

関連記事

ページ上部へ戻る