〒431-0213 静岡県浜松市西区舞阪町浜田470
053-592-0871

MAISAKA BLOG

                        

オリヅルランの特性と育て方

オリヅルラン(折鶴蘭)とは、葉は細長く根元から生え大株になると4、50cm程になる伸びるキジカクシ科・オリヅルラン属の植物です。 名前の由来は、折り鶴がぶら下がっているように見えたからという単純明快な理由で付けられていま…
続きを読む

トックリヤシの特性と育て方

トックリヤシは単子葉植物ヤシ目ヤシ科に属する植物で、幹がぷっくりと膨らんでいるその姿が徳利とそっくりだったため名づけられました。 また、同じような名前のトックリランという植物もありますが、こちらはヤシ科ではなく葉っぱの形…
続きを読む

シュロチク(棕櫚竹)の特性と育て方

シュロチク(棕櫚竹)とは、見た目は竹でもヤシ科ラピス属のヤシの木の仲間です。 江戸時代初期に中国から日本に渡り、葉の形がシュロに似てることから棕櫚竹と名前が付きました。 名前にも竹がついてるので勘違いされやすいのですが、…
続きを読む

エアープランツ(チランジア)の水やりや置き場所などの管理の仕方とは?

エアープランツとは、ハナアナナス属のうち空気中の水分を吸収して成長する着生植物の事を指します。 着生というのは、樹木の枝や岩石の上にくっついて、生育するための土を必要としない状態になります。 根は水や養分を吸収する事も出…
続きを読む

アレカヤシの特性と育て方

アレカヤシの原種は10mも20mもどんどん大きくなる植物です。 日本では小笠原諸島などにも街路樹として植えられているものもあります。 一般的にはレストランなどにも植えられている事があります。 観葉植物としては、おおよそ1…
続きを読む

サボテンの特性と育て方

サボテン(シャボテン、仙人掌、覇王樹)は多肉植物のうちの一つであり、形は様々あっても刺座(しざ)またはアレオーレ(areole)というトゲトゲがある物をサボテンと言います。 学名はCactusと言い、サボテン科に属する植…
続きを読む

アイビーの特性と育て方

アイビー(セイヨウキヅタ、ヘデラ)はウコギ科の被子植物で、つる状に伸び細根という根を這わせて樹木や岩場に張り付く形で横に伸びる植物です。 特性を生かして好みの場所を一面アイビーで埋め尽くしたり、吊り鉢や棚の上から垂らすな…
続きを読む

ポトスの特性と育て方

ポトスはサトイモ科の植物で、樹木や岩場によじ登るツル状の植物です。 ツル状の植物独特の性質を持ち、上に登れば上るほど葉は大きく育つようになり、下に垂れ下がるほど葉は小さくなっていきます。 この性質からヘゴ棒に絡めて上に成…
続きを読む

アガベの特性と育て方

アガベはリュウゼツラン属で、日本で流通する物としては「アオノリュウゼツラン」を指すことが多いです。 アオノリュウゼツランと言えば数十年に一度しか咲かない「センチュリープラント(世紀の植物)」と言われる事で有名で、2021…
続きを読む

オーガスタの特性と育て方

オーガスタはゴクラクチョウカ科のゴクラクチョウ属の常緑性の植物です。 ゴクラクチョウとなかなかすごい名前ですが、独特な白い花を咲かせた姿がそれを連想させるんだとか。 ちなみに、園芸では学名のカタカナ表記で「ストレリチア」…
続きを読む